軽減税率での一番の問題点は、「外食」にあたるお店でテイクアウト!

消費税の軽減税率での一番の問題点は、「外食」にあたるお店でテイクアウトした場合にどうなるか?という線引きだと思います。それ以外にも曖昧な部分や抜け道としてアリかどうかも気になります。

 

例えば・・・

 

線引きが分かりづらい点

ファーストフード店などで「テイクアウト」で購入し店内で食べる場合
ファーストフードのセットでドリンクのみ店内で食べ物はテイクアウトする場合
コンビニのイートインを利用した場合
宅配ピザなどの出前
フードコートは?
駅の立ち食いそばは?

 

抜け道系

高額なおまけ付きのお菓子はOK?
料理を提供するお店と場所を提供するお店を別会社とすればテイクアウトで良いのか?

 

これはそれほど一般の人には半分、揚げ足取りや笑い話のようにも聞こえますが、商売でやっている人からするとかなり切実な問題です。

 

 

線引きが分かりづらい点・・・
どこまでがテイクアウトで「外食」から逃れられるのか?という点ですが、お店側としてはできるだけ「テイクアウト」の軽減税率でお客さんに気持ち良く購入してもらえるのが一番良いと思います。

 

「これは、8%にならないのか!?」などと国の制度の都合に対して、お店に文句を言われてもたまりませんし・・・

 

ですが、テイクアウトで買った商品を店内で食べている場合、正直に10%をの消費税を支払って店内で食べている人からしたら面白くないと思いますし、店員さんもお持ち帰り用に包んだものを店内で食べられるというのも嫌な気分かもしれません。

 

包装するのも結構面倒ですので。。。

 

 

抜け道系・・・
消費税の増税で客足が遠のくのは、外食産業やその他の関連業界などとしては嫌でしょうから、あの手この手で軽減税率で対応できるような抜け道を考えてくる事業者もあるでしょう。

 

それがどこまで認められるかという話もあるかもしれません。

 

例に挙げた
・高額なおまけ付きのお菓子
・料理を提供するお店と場所を提供するお店を別の組織にする

 

などはあり得ると思います。

 

・高額なおまけ付きのお菓子
極端な話、5万円するおもちゃのおまけ付きの10円チョコというのは認められるのでしょうか?

 

本来であれば5万円に対して10%の消費税がかかりますが。この抜け道を使えば、8%の消費税でお客さんに提供できることになります。

 

仮に認められるとすれば、どこまで高額なものやどんな種類のものまでいいのか?ということになりますよね?

 

メインが10円のチョコ
おまけの種類・・・文房具、家具、自転車、バイク、車、家など

 

なんでもありになってしまいますので、どこで線引きされるのかも気になりますね。

 

 

・料理を提供するお店と場所を提供するお店を別の組織にする
また、店内で食べると10%の消費税がかかってしまい、客足が遠のくので抜け道として、実態は店内で食べるタイプの飲食店だが、食べるためのスペースについては一切関与しないので「テイクアウト」の軽減税率で食べられるお店というのも出てくるかもしれません。

 

フードコート形式のような形ですが、フードコートがテイクアウトで8%になるならば、これは認められなければおかしいわけで・・・

 

なかなか一社では難しいかもしれないので、複数の会社で協力しあって、免税街のような飲食店街ができるかもしれません。

 

 

更新履歴